スペイン語圏文化研究者との出会い:角田哲康 『日本におけるスペイン哲学とウナムーノ哲学の受容』 - オーディトリアム

会場: オーディトリアム

日程: 2017年11月1日水曜日, 19:00

詳細情報はこちら


1868年の明治維新以降、ドイツ哲学が西洋哲学を表顕するもとして日本に広がり、その傾向は今日にまで至っています。その一方で、スペイン哲学は日本に存在してきたと言えるのでしょうか? ウナムーノ哲学に関して言えば、日本に紹介された当初から幾人かの研究者が関心を寄せてきていたことが分かっています。今回はスペイン哲学、中でもウナムーノ哲学がどのように日本で受容されてきたのかを明らかにしていきます。







セルバンテス文化センター東京の所在地と周辺地図


より大きな地図で見る


リストに戻る