ボルヘスからノーランへ、ポストモダン代表としての映画『インセプション』 - オーディトリアム

会場: オーディトリアム

日程: 2017年11月7日火曜日, 18:00

詳細情報はこちら


講演者ハビエル・カンポは映画技術学士であり、作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの現代映画界へ影響について書いた『ボルヘスからノーランへ、ポストモダン代表としての映画インセプション』
の執筆者です。2010年に公開され4のグラミーを受賞したSF『インセプション』の原案・監督クリストファー・ノーランを取り上げています。本著作本はユネスコの協力により出版され、アルゼンチンでは高い文化的興味を誇る作品とされています。







セルバンテス文化センター東京の所在地と周辺地図


より大きな地図で見る


リストに戻る